ハウスメーカーで建てるメリットを自分なりに考えてみた

我が家が真っ先に選択肢から外したハウスメーカーで建てるという選択肢。

 

我が家の場合は家づくりの当初からなんとなく自分達で選んだものを家づくりに取り入れたいという意識があったので、ハウスメーカーのある意味完成された家づくりは合わないかなと思ったから。

 

とまぁ、ここまではもちろん私の意見なんですが、、

 

先日のサッカーワールドカップで南米のコロンビア戦をテレビで観ている時に試合展開に興奮したご近所さんからLINEが突然きまして、『サッカーみてまっかー?』と(ご近所さんは関西人で関西特有の距離感。w)

 

で、合流して我が家でサッカーを観ていたんですが、ちょうどご近所さんも最近家づくりを検討し始めていたところだったので家づくりの話しになったんですよね。

 

そこで、旦那よりも10個以上歳下で看護師で気の強い奥さんが『私セキスイの家が絶対良いんですよー!』みたいな話しになりまして、

 

旦那は『そんなん俺はええねん!工務店でええやろ。』みたいなやり取りを我が家で繰り広げていたんです。

 

いつもサービス精神で夫婦漫才を繰り広げてくれるご近所さんには感謝しかありませんが、奥さんが言っている『私〇〇で建てたいんです。』とハウスメーカーで建てたいと思った心理について私なりに考えてみました。

 

①大型の開発分譲地で周辺環境を手に入れる

大手の資金力だからこそ出来る超大型の開発分譲地。我が家が住む埼玉県川越市にもトヨタホームが手がける『ココロマチ』という建売分譲地があります。周辺相場の1.5倍以上はするというのに全256邸も残すところわずかになり話題となっています。実際我が家も分譲開始当時に冷やかし半分観に行った事がありますが、奥さんが家の前が『ウィステリア通りじゃーん!!(米ドラマ・セックスアンドザシティ)』とテンションがぶち上がっていました。笑

要するに、家の前の通りが住人と宅配便の車くらいしか通らず、道幅も広いところは10メートル位あったりして、しかも駅前だったりしたので、その周辺環境を含めた希少価値が魅力だって言ったんですよね。

小規模な開発分譲地ではこうはいかないですしね。

住まいは家自体の価値だけではもちろんないです。

 

②快適な住環境を約束してくれる住宅性能

これは以前ZEHの補助金についてのブログを書きましたが、大手というのはやはり住宅業界をリードしていきますので、設備や住宅性能では先端をいっていると思います。(←これは捉え方次第なので、違うという意見もあるかもしれませんが。)

ただ、やはり様々な要望に合わせて家づくりをする工務店と比べると、大手の住宅はある程度企画化されているのでスケールメリットを出し易いですし(大量一括仕入れ等によってオプションが安い等)、さらにその企画が売れずに販売した後にクレームがくる様な事になったら大変なので、ある程度の性能は確約してくれると思います。

 

③ハウスメーカーというブランド

これは完全に心理的な物ですが、【◯◯ブランドで建てた】というのは人にも言いやすいですし、自慢にもなります。

特に家づくりは何が良いか見極めるのが難しい側面があるので、多くの方にとってこのブランドは憧れでもあるのも理解出来ます。

 

④大手である事の安心感

これもやはり大手だったら、しっかりしたモノづくりをしてくれるだろうという安心感、何かあった時には助けてくれる(クレームを言える)という安心感が働くと思います。

家は建てる事がゴールではなく住んでいく物なので、この安心感はやはり魅力的ですね。

 

結局は家づくりをするには大手に越したことはない?

 

結論それはやっぱりそうですね。(←もちろん私見です。)

 

家を住んでから何か不具合があった時にサポートがあるのとないとでは大違いですし、その時にもう会社がないなんて事になったらやはり嫌ですしね。。。

 

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

大手ハウスメーカーの先輩ブログは以下をチェック!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

【工務店選びの秘技伝授】設計事務所と工務店、違いは?

設計事務所(建築家)と工務店の違い。

 

これ、正確に分かる人いますか?

 

プロフィールにも書きましたが、家づくりをスタートした当初はこの辺を理解するのには時間がかかりました。

 

この問題、はっきりいって初めて家づくりをする人(←大体初めてですよね?)には難解ですよね?

 

という事で、一通りのパターンで話しを聞いてきた今の私の見解を書いておこうと思います。

 

私の場合は土地探しに一年以上掛かったので、真摯に自分たちの建てたい家に向き合ったが為に得られた情報です。

 

決して家づくりマニア的な変な目で見ないで下さいね。w

 

仕組みで違う、家づくりの方法

 

私の場合は設計事務所と工務店で迷いましたが、分かりやすいのでハウスメーカーという選択肢も含めてみます。

 

まず私が一番に選択肢から外したハウスメーカーというと、大手の積水ハウスさんや一条工務店など。

 

家づくりでいうところのブランドみたいなものです。

 

うちは〇〇で建てた、というあれですね。

 

基本的には、大手だけあって最新鋭の機能や設備、高気密高断熱等、高スペックの家を建てる事が出来ます。

 

大手なので、何かあった時の安心感もありますしね。

 

選ぶ理由も頷けます。

 

ただ、我が家はまっさきにこの選択肢を切りました。

 

それは、メリットでもある安定した工場生産であるがゆえ、作りが画一的で自由が効かないのです。

 

どの業界もそうだと思いますが、大手の物づくりというのは画一的で、その会社が思うものづくりに共感する方がターゲットです。

 

顧客ありきではなく、商品ありきの考え方ですね。

 

ですので、一から家づくりに関わって使う素材や仕様を検討したい我が家には向いていませんでした。

 

次に工務店。

 

いわいる大工さんや家づくりに必要なすべての業者さんを取りまとめて、自社商品として販売するメーカーさんです。(←正確にあっているかわかりませんが、多分こんな感じ。)

 

それぞれの工務店に特徴がありますが、基本的には現場で家を作って行くのでハウスメーカーよりは融通が効きます。

 

ただ当たり前ですが、各工務店に得意不得意や仕様選定の縛りがあって、施主さんの言う事はなんでも良いですよ。という事にはもちろんなりません。

 

これが家づくりの非常に分かりづらいところで、契約前にすべてを把握するのは指南の技だと思います。

 

ただ一つ、これから家づくりを一から頑張りたいと思っている方に朗報です!(←本当か?w)

 

必殺技を一つ伝授します。

 

それは、こんな事を工務店さんに聞いてみて下さい。

 

『施主支給はオッケーですか?』と

 

これを聞く事で工務店さんのスタンスが分かると私は思っています。

 

施主支給とはわからない方の為に言っておくと、施主が自ら探して買ってきた物を家づくりに入れる事で、これが許される会社は”懐が深い”と言えますし、施主目線で家づくりを捉えてくれる会社だと思います。

 

これをやるとなると、選択肢は無数にあるわけですから、やり取りは複雑化しますし、現場管理も大変になる事が予想されるからです。

 

私がこの必殺技を知ったのは、工務店を決定する直前だったのでこれを読んでドンピシャだった方は本当にラッキーなんじゃないでしょうか。w

 

最後に、我が家ももう一度家を建てるならやってみたい(←というかまだ建ってもはいませんが。w)、建築家(設計事務所)との家づくりです。

 

設計事務所は、家を売るのではなく、工務店に家づくりを依頼して”設計監理”を行う、いわば一番施主側に近い立場の依頼先です。

 

費用としては、設計監理料が別途掛かってきますが、家づくりのプロが家の予算に応じて工務店の選定や各種仕様の選定を施主と一緒に行ってくれるので、何よりも圧倒的な選択肢が出来ます。

 

画一的でなく、デザインの優れた家づくりをするのにむいています。

 

家づくりの過程を直接プロとやり取り出来るので、知識がなくても安心を持てる方も多いのではないでしょうか。

 

ハウスメーカーや工務店さんの場合、営業マンが窓口ですからね、大体の場合は信用は出来ません。w

 

工務店選定に迷っていて、いいとこ取りをしたいなんて方は設計事務所に一度相談にいってみると良いと思います。

 

我が家は最終的に納得出来る工務店さんと出会えたので、工務店さんと建てる道を歩んでいますが、良い建築家さんに出会えれば、もっと家づくりが楽しくなると思いますね。

 

 

 

追記:日本ブログ村ランキングに参加しました!

大したこだわりもないのに施主支給品あり?って聞くのは勇気いるよー、と思った方は以下のバナーをクリック!笑

家づくりのこだわりポイントを色んなブログで教えてくれています♪

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村