意外と重要な【窓枠】。四方枠、それとも!?。。。

我が家はKAMIYAさんの建具(フルハイトドア)を採用予定なのですが、カタログをパラパラ見ていた時に、ドアとは関係ない周辺部材のコーナーに窓枠が紹介されていて、ふと目に止まりました。

 

そのページがコチラ↓

 

出典:KAMIYA

 

【ライン窓台】として紹介されているこちらは、見付け寸法が7mmとかなりスッキリした窓枠(膳板)で、一般的に20mm以上あるものと比べるとかなり見た目がスッキリしています。

 

このページを見ていて、これスッキリしてて良さそうだなーと思いつつ、

 

あれ?そういえば、窓枠について真剣に考えた事無かったな。と思い出し、窓枠についてちょっと考えてみました。

 

窓枠選び方で空間の印象を大きく変える

 

まず、【四方枠】にするか【クロス巻き】にするかという悩みがあります。

 

 

【四方枠】は一般的な方法で、この様に窓を様に文字通り四方に枠を廻します。

 

メリットとしては強度が出る事と結露に強い事、施工のし易さではないかと思います。

 

 

一方、こちらが【クロス巻き】。

 

下枠(膳板)以外の三方、いわいる左右の枠と上枠はクロスを巻き込んで仕上げています。

 

これによってかなり見た目がスッキリしていますよね?

 

そう、この【クロス巻き】のメリットはこのスッキリとした見た目です。

 

特に上記の写真は下枠の見付けも細いものを使っていて、出っ張りも極限まで抑えているので、この写真を見ただけでも建築家(デザイナー)が手掛けたお宅なんだろうなぁと見とれてしまう程です。

 

部屋や場所によって使い分けもあり??

 

個人的には今の所【四方枠】と【クロス巻き】を使い分けてみようかな?という結論に至っています。

 

高窓やFIX(嵌め殺し)の窓には【クロス巻き】で仕上げて、なんとなく強度も必要そうな子供部屋や、開閉が多くなりそうなリビングの窓には【四方枠】という感じです。

 

ただ、【四方枠】の場合はなにも工夫をしないとダサくなりそうなので、見付けの幅や素材をどうするのか、次回の打ち合わせで工事担当者Sさんに相談してみたいと思います。

 

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

家づくりにはデザイナーさんのお宅も参考に!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

我が家がZEH補助金の申請をしなかった理由

『2030年までに新築住宅の平均でZEH(ゼッチ)の実現を目指す!』という働きが政府の方針で推し進められています。

 

これもまた、なんのこっちゃい!?という話しですが、ZEHとは簡単にいうと消費するエネルギーの量よりも創り出すエネルギーの量が多く、実質ゼロ(Z)のエネルギー(E)で暮らせる住宅(ハウスのH)の事を指します。

 

我ながら分かりやす説明ですね。笑

 

 

具体的にいうと、省エネハウス(高気密高断熱の家)に太陽光発電やオール電化、高効率のエアコンや換気システムを導入した住宅という事になります。

 

ただ、ゼロエネルギーハウスであれば補助金が無条件で貰える、というわけにはいかず、しっかりとした認定基準がありこれを満たさないと補助金は出ません。

 

ちなみに、今年度はZEHで上限70万円/件の補助金となっています。

 

我が家もエネルギー消費の少ない高気密高断熱の住宅で太陽光発電を導入する予定ですので、補助金の出るZEH仕様も考えましたが、思ったよりもメリットがないと感じたのでその辺をお伝えしたいと思います。

 

我が家が補助金の申請をしなかった理由

まずは補助金が貰えるかどうかの前提条件ですが、今建てようとしているビルダー(ハウスメーカーや工務店)がZEHビルダーとして登録されている会社でないと補助金は貰えません。

 

言い換えるとZEHビルダー以外の会社で建てた住宅はいくらZEH仕様の家であっても補助金は貰えないので、建てる会社に確認をする必要があります。

 

我が家は確認したらたまたまZEHビルダーだったのですが、補助金を貰う為には以下の様な我が家にとってのデメリットが出てきました。

①間取り変更を必要とされた。

必要なエネルギー量の計算に【主たる居室】の大きさというのが関係するのですが、この床面積が大きくなると冷暖房効率が悪いと見なされ、必要な創エネルギー量が大きくなります。つまり太陽光発電を多く入れないといけない計算になります。

我が家の場合【主たる居室】であるリビングには吹き抜けがあってしかも一階から全くドアで仕切っていない間取りだった為、玄関からロフトまですべての床面積が【主たる居室】に含まれてしまい、吹き抜けをやめたりドアで仕切ったりする必要が出てきました。

今の時代、売電で儲けられる時代ではないので、必要以上の太陽光発電を乗せるのはメリットがないと感じました。

 

②必要としない設備機器を導入しなければならなかった。

工務店の説明によると、ZEH仕様にする為にはHEMS(電力コントロールシステム)を導入しなければいけなかったり、エアコンや給湯器も指定品を買わないといけないとの事でした。

補助金70万円貰ってもそんなんしてたら、手元に残るのはいくらっつー話しになりません??w

 

③補助金の公募や工期を合わせる必要がある。

補助金を貰う為には、年に何回か用意されている公募期間中に申請をする必要があり、工期もその為にコントロールされたりという面倒が増えます。

ただでさえ決めることが多く大変な家づくりを外部要因でコントロールされる事になったら、それだけでストレスにならないか?と心配になりました。

要するに、そんな事してたらせっかくの注文住宅なのに自分の住みたい家にならねーじゃねーか!

 

と思って、あっさり補助金申請を諦めました。w

 

そもそもですが、ZEH補助金というのははなからZEHを企画として売り出している一部の大手ハウスメーカーの為のサービスなんでしょう。

 

それ以外の方は我が家の様に考えるだけ時間の無駄になる気もするので、手を出すものではありません。(←あくまでも私見です。)

 

とはいっても、ZEHを知る事でエネルギーについて考える機会は出来るので好奇心旺盛な方は自分で調べてみるのもいいですね。

 

どっちだよ。w

 

さて、明日は何を書こう?

 

 

 

追記:日本ブログ村ランキングに参加しました!

ZEHって結局何?と思った方は以下のバナーをクリック!

もっと詳しい施主がブログで教えてくれてるかもしれません。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 

 

埼玉県民共済住宅の家を建てなかった理由。

一応前置きから説明すると、私の住んでいる埼玉県には47都道府県の中で唯一、共済の加入者に対して住宅建設業を行っている【埼玉県民共済住宅】があります。

 

この県民共済住宅のものすごいところは非営利団体の工務店であるため、なんと利益を目的としていません。

 

そのため、注文住宅がオプション等を使わなければ坪単価31万8,000円で建てられてしまいます。(しかも、標準仕様の内容もかなり良い!)

 

埼玉県内に土地を持っていて、埼玉県民共済の組合員であれば誰でも利用することが出来るとあって、まったく営業活動をしていないのにも関わらず、創業10年で不動の埼玉県内ナンバー1の工務店に成り上がっています。笑

 

ここまで聞いた時点で、もはやこのサービスとも言える【埼玉県民共済住宅】を利用しない手はないですよね?

 

我が家ももちろんそう思っていました。

 

では、なぜそんな【埼玉県民共済住宅】の家を建てなかったのか。

 

無駄な出費はしたくないと考えるケチな私が(笑)、最後まで工務店選定の候補にありながらも、【埼玉県民共済住宅】を選ばなかった理由は以下の様なものでした。

 

【自由設計】を掲げる県民共済でも出来ない事

まずは設計の時点で我が家が諦めなければいけなかった事です。

①陸屋根(フラット屋根)

キューブ型のオシャレな家に多いフラットな形状の屋根。防水上の理由からという事でしたが、同じ理由でルーフバルコニーも駄目でした。

②インナーバルコニー

2階リビングの家に多い、大きなインナーバルコニー。バルコニーの奥行は最大182cmまでで、バルコニーに出る敷居も20cm設けなければならず掃き出し窓が出来ませんでした。

④高気密高断熱

ソフランウィズという吹付け断熱がオプションで用意されていましたが、気密測定をする等の気密管理までは出来ませんでした。(ただ、県民共済の担当の方は体感で分かる位断熱気密性は高いと言ってました。)

⑤一部床を下げる

我が家がかなりの優先順位でやりたかったキッチンの床を下げるというちょっと特殊な仕様です。おそらく耐震や強度の観点からですが、同じ理由でスキップフロアも出来ませんでした。

 

次に設備仕様選定で我が家が諦めなければいけなかった事です。

①建具

建具は大建工業さんとウッドワンさん、阿部興業さんの中からしか選べません。我が家は建具に神谷さんを使用したかったのですが、数年前にオプションから姿を消していました(泣)。

②スケルトンの鉄骨階段

LIXIL等の既成品のスチール階段はオプションで選べるけど、オーダーの鉄骨階段等を入れたかった我が家にはダメージが大きかった部分です。

③窓

ピクチャーウィンドウと言われる様な大きなFIXの窓が選べませんでした。同じく高断熱仕様のトリプルサッシも選べませんでした。

④巾木

巾木が目立たない様に、アルミ巾木等を使う事も考えていたのですがこれも駄目でした。

 

 

基本的に県民共済住宅の考える方針は、安全性やメンテナンスの観点からクレームが懸念される構造上の仕様は出来るだけやらず、現金一括購入によって安く仕入れている標準仕様以外は基本的にオススメしないという事なんですよね。

 

現場管理や指示が難しく、大工さんに負担がかかる事も極力やらないという方針です。

 

県の機関なのでちょっと考えればこれらは当たり前と言えば当たり前です。

 

我が家の場合は最終的に上記の様な諦めなければ行けない点と価格とを天秤にかけてなくなく県民共済を選ぶのをやめました。

 

細部にまでこだわって、自分の意思で全てを決めたいと考える人には合わないのかな?とも思います。

 

とはいえ、価格があまりに安いので県民共済住宅で建てたいという方も多いと思いますので、そういった方は事前に自分達の建てたい家が建てられるかしっかり確認しておく必要があると思います。

 

我が家が調べた以外にも、意外にオッケーを出してくれないところがあるかもしれません。

 

 

 

追記:日本ブログ村ランキングに参加しました!

県民共済住宅がある埼玉は羨ましいなーと思った方は以下のバナーをクリック!

全国の色々な工務店で建てる施主が色々教えてくれます♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 

 

高気密高断熱は必要か?

それにしても家づくりって問題ばかりですねw

 

今まで家づくりで検討してきた過程を書こうと思うと、答えがある様でない、そんな選択を迫られた事ばかり思い付きます。

 

【断熱と気密】、これはその中でもこれは目に見えない問題なのでかなり手強い問題でした。。。

 

断熱材の種類から始まって、

 

充填断熱と外張り断熱(内断熱と外断熱)の違い

 

気密は必要ない、という意見など

 

普通にネットサーフィンしているだけでも、いろんな見解が出ていて疲れる位の情報量です。w

 

だから、私の見解は簡単に。

 

断熱材 → 種類はそんなに関係ない、厚さや施工の方が大事

充填断熱と外張り断熱 → どっちでも良し、それよりもサッシ(窓)の方が重要

気密 → もちろん重要。換気計画とセットで考える必要有り。

 

色々言われてる関係者の方、すみません。

 

でも、それぞれメリット・デメリットを換算したらこんな感じじゃないですか?

 

断熱気密をどこまでこだわるかは、家づくりの予算にも大きく影響する部分なので、施主目線では相対的に考える必要があると個人的には思います。

 

断熱気密に拘り過ぎた挙げ句、家の予算が削られすぎて、満足出来ない家づくりになってしまっては本末転倒な気がしますしね。

 

暑さや寒さは冷暖房器具の工夫でも局所的にはなんとかなりますからね。

 

優先順位を付けて臨みましょう。

 

といっても、我が家は外張り断熱(ソーラーサーキット工法)でトリプルサッシと結局拘っちゃってます。w

 

それは我が家の間取りが一階からロフトまでドアで区切りなどはなく、階段や吹き抜けで繋がっている状態なので、高気密高断熱なしには快適な暮らしが達成出来ないのではないか?と考えた為です。

 

夫婦ともに寒さに弱いので、冬に家中まるごと暖かくなるのであれば最高ですね。

 

高いお金を払って拘る必要はあったのか、その辺は実際の住心地としてアップしていきますので、乞うご期待下さい。

 

 

 

追記:日本ブログ村ランキングに参加しました!

断熱気密ってどの位家づくりに必要なの?と思った方は以下のバナーをクリック!

先輩達が断熱気密の考え方を詳しく教えてくれています♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村