意外と重要な【窓枠】。四方枠、それとも!?。。。

我が家はKAMIYAさんの建具(フルハイトドア)を採用予定なのですが、カタログをパラパラ見ていた時に、ドアとは関係ない周辺部材のコーナーに窓枠が紹介されていて、ふと目に止まりました。

 

そのページがコチラ↓

 

出典:KAMIYA

 

【ライン窓台】として紹介されているこちらは、見付け寸法が7mmとかなりスッキリした窓枠(膳板)で、一般的に20mm以上あるものと比べるとかなり見た目がスッキリしています。

 

このページを見ていて、これスッキリしてて良さそうだなーと思いつつ、

 

あれ?そういえば、窓枠について真剣に考えた事無かったな。と思い出し、窓枠についてちょっと考えてみました。

 

窓枠選び方で空間の印象を大きく変える

 

まず、【四方枠】にするか【クロス巻き】にするかという悩みがあります。

 

 

【四方枠】は一般的な方法で、この様に窓を様に文字通り四方に枠を廻します。

 

メリットとしては強度が出る事と結露に強い事、施工のし易さではないかと思います。

 

 

一方、こちらが【クロス巻き】。

 

下枠(膳板)以外の三方、いわいる左右の枠と上枠はクロスを巻き込んで仕上げています。

 

これによってかなり見た目がスッキリしていますよね?

 

そう、この【クロス巻き】のメリットはこのスッキリとした見た目です。

 

特に上記の写真は下枠の見付けも細いものを使っていて、出っ張りも極限まで抑えているので、この写真を見ただけでも建築家(デザイナー)が手掛けたお宅なんだろうなぁと見とれてしまう程です。

 

部屋や場所によって使い分けもあり??

 

個人的には今の所【四方枠】と【クロス巻き】を使い分けてみようかな?という結論に至っています。

 

高窓やFIX(嵌め殺し)の窓には【クロス巻き】で仕上げて、なんとなく強度も必要そうな子供部屋や、開閉が多くなりそうなリビングの窓には【四方枠】という感じです。

 

ただ、【四方枠】の場合はなにも工夫をしないとダサくなりそうなので、見付けの幅や素材をどうするのか、次回の打ち合わせで工事担当者Sさんに相談してみたいと思います。

 

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

家づくりにはデザイナーさんのお宅も参考に!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村