ハウスメーカーで建てるメリットを自分なりに考えてみた

我が家が真っ先に選択肢から外したハウスメーカーで建てるという選択肢。

 

我が家の場合は家づくりの当初からなんとなく自分達で選んだものを家づくりに取り入れたいという意識があったので、ハウスメーカーのある意味完成された家づくりは合わないかなと思ったから。

 

とまぁ、ここまではもちろん私の意見なんですが、、

 

先日のサッカーワールドカップで南米のコロンビア戦をテレビで観ている時に試合展開に興奮したご近所さんからLINEが突然きまして、『サッカーみてまっかー?』と(ご近所さんは関西人で関西特有の距離感。w)

 

で、合流して我が家でサッカーを観ていたんですが、ちょうどご近所さんも最近家づくりを検討し始めていたところだったので家づくりの話しになったんですよね。

 

そこで、旦那よりも10個以上歳下で看護師で気の強い奥さんが『私セキスイの家が絶対良いんですよー!』みたいな話しになりまして、

 

旦那は『そんなん俺はええねん!工務店でええやろ。』みたいなやり取りを我が家で繰り広げていたんです。

 

いつもサービス精神で夫婦漫才を繰り広げてくれるご近所さんには感謝しかありませんが、奥さんが言っている『私〇〇で建てたいんです。』とハウスメーカーで建てたいと思った心理について私なりに考えてみました。

 

①大型の開発分譲地で周辺環境を手に入れる

大手の資金力だからこそ出来る超大型の開発分譲地。我が家が住む埼玉県川越市にもトヨタホームが手がける『ココロマチ』という建売分譲地があります。周辺相場の1.5倍以上はするというのに全256邸も残すところわずかになり話題となっています。実際我が家も分譲開始当時に冷やかし半分観に行った事がありますが、奥さんが家の前が『ウィステリア通りじゃーん!!(米ドラマ・セックスアンドザシティ)』とテンションがぶち上がっていました。笑

要するに、家の前の通りが住人と宅配便の車くらいしか通らず、道幅も広いところは10メートル位あったりして、しかも駅前だったりしたので、その周辺環境を含めた希少価値が魅力だって言ったんですよね。

小規模な開発分譲地ではこうはいかないですしね。

住まいは家自体の価値だけではもちろんないです。

 

②快適な住環境を約束してくれる住宅性能

これは以前ZEHの補助金についてのブログを書きましたが、大手というのはやはり住宅業界をリードしていきますので、設備や住宅性能では先端をいっていると思います。(←これは捉え方次第なので、違うという意見もあるかもしれませんが。)

ただ、やはり様々な要望に合わせて家づくりをする工務店と比べると、大手の住宅はある程度企画化されているのでスケールメリットを出し易いですし(大量一括仕入れ等によってオプションが安い等)、さらにその企画が売れずに販売した後にクレームがくる様な事になったら大変なので、ある程度の性能は確約してくれると思います。

 

③ハウスメーカーというブランド

これは完全に心理的な物ですが、【◯◯ブランドで建てた】というのは人にも言いやすいですし、自慢にもなります。

特に家づくりは何が良いか見極めるのが難しい側面があるので、多くの方にとってこのブランドは憧れでもあるのも理解出来ます。

 

④大手である事の安心感

これもやはり大手だったら、しっかりしたモノづくりをしてくれるだろうという安心感、何かあった時には助けてくれる(クレームを言える)という安心感が働くと思います。

家は建てる事がゴールではなく住んでいく物なので、この安心感はやはり魅力的ですね。

 

結局は家づくりをするには大手に越したことはない?

 

結論それはやっぱりそうですね。(←もちろん私見です。)

 

家を住んでから何か不具合があった時にサポートがあるのとないとでは大違いですし、その時にもう会社がないなんて事になったらやはり嫌ですしね。。。

 

 

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

大手ハウスメーカーの先輩ブログは以下をチェック!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

埼玉県民共済住宅の家を建てなかった理由。

一応前置きから説明すると、私の住んでいる埼玉県には47都道府県の中で唯一、共済の加入者に対して住宅建設業を行っている【埼玉県民共済住宅】があります。

 

この県民共済住宅のものすごいところは非営利団体の工務店であるため、なんと利益を目的としていません。

 

そのため、注文住宅がオプション等を使わなければ坪単価31万8,000円で建てられてしまいます。(しかも、標準仕様の内容もかなり良い!)

 

埼玉県内に土地を持っていて、埼玉県民共済の組合員であれば誰でも利用することが出来るとあって、まったく営業活動をしていないのにも関わらず、創業10年で不動の埼玉県内ナンバー1の工務店に成り上がっています。笑

 

ここまで聞いた時点で、もはやこのサービスとも言える【埼玉県民共済住宅】を利用しない手はないですよね?

 

我が家ももちろんそう思っていました。

 

では、なぜそんな【埼玉県民共済住宅】の家を建てなかったのか。

 

無駄な出費はしたくないと考えるケチな私が(笑)、最後まで工務店選定の候補にありながらも、【埼玉県民共済住宅】を選ばなかった理由は以下の様なものでした。

 

【自由設計】を掲げる県民共済でも出来ない事

まずは設計の時点で我が家が諦めなければいけなかった事です。

①陸屋根(フラット屋根)

キューブ型のオシャレな家に多いフラットな形状の屋根。防水上の理由からという事でしたが、同じ理由でルーフバルコニーも駄目でした。

②インナーバルコニー

2階リビングの家に多い、大きなインナーバルコニー。バルコニーの奥行は最大182cmまでで、バルコニーに出る敷居も20cm設けなければならず掃き出し窓が出来ませんでした。

④高気密高断熱

ソフランウィズという吹付け断熱がオプションで用意されていましたが、気密測定をする等の気密管理までは出来ませんでした。(ただ、県民共済の担当の方は体感で分かる位断熱気密性は高いと言ってました。)

⑤一部床を下げる

我が家がかなりの優先順位でやりたかったキッチンの床を下げるというちょっと特殊な仕様です。おそらく耐震や強度の観点からですが、同じ理由でスキップフロアも出来ませんでした。

 

次に設備仕様選定で我が家が諦めなければいけなかった事です。

①建具

建具は大建工業さんとウッドワンさん、阿部興業さんの中からしか選べません。我が家は建具に神谷さんを使用したかったのですが、数年前にオプションから姿を消していました(泣)。

②スケルトンの鉄骨階段

LIXIL等の既成品のスチール階段はオプションで選べるけど、オーダーの鉄骨階段等を入れたかった我が家にはダメージが大きかった部分です。

③窓

ピクチャーウィンドウと言われる様な大きなFIXの窓が選べませんでした。同じく高断熱仕様のトリプルサッシも選べませんでした。

④巾木

巾木が目立たない様に、アルミ巾木等を使う事も考えていたのですがこれも駄目でした。

 

 

基本的に県民共済住宅の考える方針は、安全性やメンテナンスの観点からクレームが懸念される構造上の仕様は出来るだけやらず、現金一括購入によって安く仕入れている標準仕様以外は基本的にオススメしないという事なんですよね。

 

現場管理や指示が難しく、大工さんに負担がかかる事も極力やらないという方針です。

 

県の機関なのでちょっと考えればこれらは当たり前と言えば当たり前です。

 

我が家の場合は最終的に上記の様な諦めなければ行けない点と価格とを天秤にかけてなくなく県民共済を選ぶのをやめました。

 

細部にまでこだわって、自分の意思で全てを決めたいと考える人には合わないのかな?とも思います。

 

とはいえ、価格があまりに安いので県民共済住宅で建てたいという方も多いと思いますので、そういった方は事前に自分達の建てたい家が建てられるかしっかり確認しておく必要があると思います。

 

我が家が調べた以外にも、意外にオッケーを出してくれないところがあるかもしれません。

 

 

 

追記:日本ブログ村ランキングに参加しました!

県民共済住宅がある埼玉は羨ましいなーと思った方は以下のバナーをクリック!

全国の色々な工務店で建てる施主が色々教えてくれます♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 

 

家づくりの参考にしたモデルルーム

前述のとおり我が家は土地探しに一年以上掛かったので、その間にいくつかのモデルルームを見学に行きました。

 

全体的にモヤッとした家づくりの中で、フローリングはこういう感じがいいなとか、外観はこういう感じがいいなとか、

 

見る度に具体的になっていく感じがあったので、家見学はそれなりにする必要があったと思います。

 

それと共に、各社見積もりをしてくれるので予算感を掴むのにもとても役立ちました。

 

我が家が参考にしたモデルルームは以下です。

 

無垢スタイル

 

ぼんやりと自然素材の家づくりがしたいと考えた当初、その名のとおり無垢の木等の自然素材を躯体や内装にふんだんに取り入れた家づくりをしている【無垢スタイル】さんにお話しを伺いました。

 

さいたま市にある会社でモデルルームもいくつかあり、OBの顧客からの信頼も厚い様なので、休日等にOBの方の予定があえば、実際にお住まいになられているお宅も見学させて頂く事が出来ます。

 

個人的に特に参考になったのは、OBお宅訪問でパイン材を使ったフローリングの痛み具合です。

 

というのも我が家の場合はフローリングは絶対に無垢材を使用しようとこの時点で決めていました。

 

傷が全く付かないと謳う新素材のフローリング材等も生活面では魅力的ですが、木のぬくもりを感じたいのと(←実際書いてみるとちょっと痒いw)、最悪無垢材なら傷ついたら削ればいいかと開き直れるのも魅力だと思っています。

 

ただ、皆さんが悩む様に樹種まではすぐに決められませんでした。

 

ウォルナットの高級感もいいし、オークのシンプルな意匠性もいいし、パインのいかにも自然で柔らかい質感もいいし、といった王道の悩みですね。w

 

フローリングに何を選ぶかで、室内のインテリアの方向性もなんとなく決まってくるので、我が家と同じ様に右往左往している方は実際に見にいく事で絞り込んでいけると思います。

 

ちょっと脱線してしまいましたが、OBさん宅のパイン材のフローリングが実際どうだったかですね。

 

確か築7,8年位のお宅だったのですが、やはり結構傷んでおりました。

 

そのお宅が室内で犬を飼っていたのも大きな要因だったと思いますが、柔らかい樹種だけに、傷が目立つなーと思ったのを今でも覚えています。

 

ただ、ヒノキや杉、パイン(松)等の足の裏に伝わるあの柔らかい質感は魅力的ですよね。

 

我が家はつい先日メインのフローリングをオーク材にすることに決めましたが、未だに一部子供部屋でパイン材等を使用するか迷っています。

 

オガワホームのソラマド

 

今となっては我が家の唯一の顔(特徴)とも言えるキッチン計画、このイメージを作るキッカケになったのが草加市にあるオガワホームさんの【ソラマド】です。

 

【ソラマド】とは全国にある工務店さんが建築家さんと作るコンセプト住宅で、特徴的な中庭や造作キッチンがウリとなっています。(←あくまでも私見です。)

 

出典:soramado

 

そしてこちらの写真がそのキッチンの一例。

 

キッチンのカウンタートップとダイニングテーブルが一体型になっていて、キッチン側からもリビング側からも椅子を置いてテーブルとして使えるという魅力的な作りとなっています。

 

海外などでは、ハイチェアを置いてキッチンカウンターをダイニングテーブルとして使う例は良く見ますが、キッチンの床を下げてダイニング一体とする案はその時点で考えがなかったので本当に目から鱗でした。

 

実際オガワホームさんで宿泊体験もさせて頂きましたが、このキッチンとの距離感がとても気に入ったのを覚えています。

 

というか、あまり自分の意見を言わない奥さんが絶対にこのキッチンを取り入れたいと言い出しました。w

 

一条工務店

 

大手ハウスメーカーで参考になったのは一条工務店さんです。

 

【住まいを科学する】のキャッチフレーズで、住宅性能の先頭を走るハウスメーカーさんです。

 

高気密高断熱で光熱費等のランニングコストを抑えたり、光触媒の外壁タイルがオプションで30万円で入れられる等(←大体の工務店は200万位かかります。)施主目線でのメリットもたくさんありました。

 

そして、こちらのモデルルームでびっくりしたのが、サッシ(窓)の性能チェック体験。

 

確か樹脂タイプのペアガラスとトリプルガラスに同じ熱量の光をサッシの外から当てて、中で感じる温度を体験しようというコーナーだったのですが、トリプルガラスの方は殆ど熱を感じないんですよね。

 

今思えばまさに一条工務店さんの思うツボだったかと思いますが、びっくりするほど窓で違いが出るんだなと思ったのを覚えています。

 

こういったサッシの違いはYKKAPさん等でもサッシの性能の違いを体感出来る施設があるみたいなので、気になる方は行ってみると良いと思います。

 

YKKショールーム

 

フリーダムアーキテクツデザイン

 

最後にこちらはモデルルームではありませんが、我が家が唯一相談に行った設計事務所の【フリーダムアーキテクツデザイン】さん。

 

ファーストプランを無料で行ってくれるという良心的な会社で、以前【土地探し編】でも書きましたが、申し込みに失敗して結局買えなかった土地を検討している際にお伺いしました。w

 

これはもちろん担当の設計士さんにもよると思いますが、魅せるところは魅せるという設計力が抜群だったと思います。

 

良くも悪くも人と普通の家とは違った間取りを考えてくれるんですよね。

 

それまでも何社かの工務店さんから間取りは作って貰った事はあったのですが、全然気に入らない間取りばかり出てくる事が多く、酷いところでは営業さんが自分で手書きで書いたプランを渡された事もありました。

 

そんな経緯もあった為、一回面談しただけでほぼこれでいいんじゃないかと思えるプランが出てきたのは驚きました。(←結局今は全く違うプランになってますが。w)

 

当時は埼玉に相談出来るスタジオは無かったのですが、現在は大宮にオープンしたそうなので、近隣の方は行ってみるのも良いと思います。

 

結局足を運んでみないと分からない事が多い家づくり

 

ネットで検索して、これもいいかな?あれもいいかな?と考える事も多い家づくりですが、忙しい中でも実際に足を運んでみて体感した経験が一番間違いないです。

 

別の言い方をすると、体感してみないとわからい事も多いですし、家づくりは本当に大変だな、とも思いますね。

 

まぁ、長いこと住む家ですから、時間を掛けた分だけ愛着が持てる様になってくれればいいですね♪

 

 

 

追記:日本ブログ村ランキングに参加しました!

設計事務所の間取りってやっぱりすごいよね!と思った方は以下のバナーをクリック!

建築家と建てる豪華な施主のブログも見れちゃいます♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 

 

 

【工務店選びの秘技伝授】設計事務所と工務店、違いは?

設計事務所(建築家)と工務店の違い。

 

これ、正確に分かる人いますか?

 

プロフィールにも書きましたが、家づくりをスタートした当初はこの辺を理解するのには時間がかかりました。

 

この問題、はっきりいって初めて家づくりをする人(←大体初めてですよね?)には難解ですよね?

 

という事で、一通りのパターンで話しを聞いてきた今の私の見解を書いておこうと思います。

 

私の場合は土地探しに一年以上掛かったので、真摯に自分たちの建てたい家に向き合ったが為に得られた情報です。

 

決して家づくりマニア的な変な目で見ないで下さいね。w

 

仕組みで違う、家づくりの方法

 

私の場合は設計事務所と工務店で迷いましたが、分かりやすいのでハウスメーカーという選択肢も含めてみます。

 

まず私が一番に選択肢から外したハウスメーカーというと、大手の積水ハウスさんや一条工務店など。

 

家づくりでいうところのブランドみたいなものです。

 

うちは〇〇で建てた、というあれですね。

 

基本的には、大手だけあって最新鋭の機能や設備、高気密高断熱等、高スペックの家を建てる事が出来ます。

 

大手なので、何かあった時の安心感もありますしね。

 

選ぶ理由も頷けます。

 

ただ、我が家はまっさきにこの選択肢を切りました。

 

それは、メリットでもある安定した工場生産であるがゆえ、作りが画一的で自由が効かないのです。

 

どの業界もそうだと思いますが、大手の物づくりというのは画一的で、その会社が思うものづくりに共感する方がターゲットです。

 

顧客ありきではなく、商品ありきの考え方ですね。

 

ですので、一から家づくりに関わって使う素材や仕様を検討したい我が家には向いていませんでした。

 

次に工務店。

 

いわいる大工さんや家づくりに必要なすべての業者さんを取りまとめて、自社商品として販売するメーカーさんです。(←正確にあっているかわかりませんが、多分こんな感じ。)

 

それぞれの工務店に特徴がありますが、基本的には現場で家を作って行くのでハウスメーカーよりは融通が効きます。

 

ただ当たり前ですが、各工務店に得意不得意や仕様選定の縛りがあって、施主さんの言う事はなんでも良いですよ。という事にはもちろんなりません。

 

これが家づくりの非常に分かりづらいところで、契約前にすべてを把握するのは指南の技だと思います。

 

ただ一つ、これから家づくりを一から頑張りたいと思っている方に朗報です!(←本当か?w)

 

必殺技を一つ伝授します。

 

それは、こんな事を工務店さんに聞いてみて下さい。

 

『施主支給はオッケーですか?』と

 

これを聞く事で工務店さんのスタンスが分かると私は思っています。

 

施主支給とはわからない方の為に言っておくと、施主が自ら探して買ってきた物を家づくりに入れる事で、これが許される会社は”懐が深い”と言えますし、施主目線で家づくりを捉えてくれる会社だと思います。

 

これをやるとなると、選択肢は無数にあるわけですから、やり取りは複雑化しますし、現場管理も大変になる事が予想されるからです。

 

私がこの必殺技を知ったのは、工務店を決定する直前だったのでこれを読んでドンピシャだった方は本当にラッキーなんじゃないでしょうか。w

 

最後に、我が家ももう一度家を建てるならやってみたい(←というかまだ建ってもはいませんが。w)、建築家(設計事務所)との家づくりです。

 

設計事務所は、家を売るのではなく、工務店に家づくりを依頼して”設計監理”を行う、いわば一番施主側に近い立場の依頼先です。

 

費用としては、設計監理料が別途掛かってきますが、家づくりのプロが家の予算に応じて工務店の選定や各種仕様の選定を施主と一緒に行ってくれるので、何よりも圧倒的な選択肢が出来ます。

 

画一的でなく、デザインの優れた家づくりをするのにむいています。

 

家づくりの過程を直接プロとやり取り出来るので、知識がなくても安心を持てる方も多いのではないでしょうか。

 

ハウスメーカーや工務店さんの場合、営業マンが窓口ですからね、大体の場合は信用は出来ません。w

 

工務店選定に迷っていて、いいとこ取りをしたいなんて方は設計事務所に一度相談にいってみると良いと思います。

 

我が家は最終的に納得出来る工務店さんと出会えたので、工務店さんと建てる道を歩んでいますが、良い建築家さんに出会えれば、もっと家づくりが楽しくなると思いますね。

 

 

 

追記:日本ブログ村ランキングに参加しました!

大したこだわりもないのに施主支給品あり?って聞くのは勇気いるよー、と思った方は以下のバナーをクリック!笑

家づくりのこだわりポイントを色んなブログで教えてくれています♪

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村